• Fusaki Iida

How To Carve On A Snowboard

Updated: 5 days ago


THIS PAGE IS UNDER CONSTRUCTION UPDATE: NOV 1st



Many snowboarders enjoy carving turns. The riding style makes you look much more advanced and the range of snowboard techniques are being expanded. Carving helps you glide through slopes with lots of speed. This technique is also effective while going on jumps or halfpipes.


Here are five-step exercises to help you learn to carve:




Overview


・Introducing five step methods to improve carving turns efficiently.


・Proving the fact that anyone can carve regardless of their strength or size.


・What kind of gear should be used.


・What kind of slope you should practice for carving turns.


・In the end, let's introduce a snowboard trick that uses the carving turn!


Let's get started!



5 Step Progression - How To Carve On A Snowboard


There are five simple steps for improving your carving turn.


STEP 1: Posture

STEP 2: Entrance

STEP 3: J-turn

STEP 4: The Valley edge sense

STEP 5: Carving turn completed


If you clear each step, you'll have a nice smooth carving turn!


Definition


First of all, let's get started with the basics.

What is a carving turn?


Many people can mistaken this, but the the curve of the carving turn is referred to as "carving", not "curving".


By hearing the word carving, we need to image a snowboard cutting through the snow with it edges. Actively put on your weight. You will also need to bend your ankles and knees and continue edging.


We also say, "Make a mark on the snow that looks like a pencil line."

It looks like a thin turn arc, like a pencil is being drawn through the snow.


What is the difference between carving and sliding ?


How do we know if our turn is “carving” or “sliding” ? The quickest way is to try traversing, which is when you're riding across the slope. From there, look at your track marks, if the slip marks are thin like a line, it's carving. A sliding turn will leave no distinct track in the snow.


Another way to tell which turn you're doing is by the sound, "quiet" or "noisy".

If it's a carving turn, the skidding sound in almost nonexistent.

Sliding turns make a noise that can sound like, "Zazazaza".


Another way to tell is by looking at the photos below. By creating a spray with the turn, it's clearly visible that the turn is sliding; however, by looking at the carving turn, notice how no spray is given off.






STEP 1: Balance and Stance


Proper balance and stance is vital for the perfect carving turn. I will be explaining a few steps to help you achieve a smoother and controlled ride.


First, stand right above the board.

Next, turn towards where you want to go, your neck should be twisting to see where you're going.





This image is Yakitori(Chicken Kebab). If you pretend to have your head on the skewer as if you were a part of a chicken skewer, you will have a nice centre of balance. This fixed posture will make your transitions much smoother.




After your body is nicely aligned make sure to go in a deep bend. If you're starting to feel the burn in the thighs, chances are you're doing it right! Eventually you'll become so accustomed to the position that you won't feel the burn anymore after doing it for a while. Keep a note that when you're bending it goes through ankles and knees, don't ruin your upper posture--keep it upright!


-Clara

You are now in a near neutral position.

It means that you have become quite basic.


However, I will add more seasoning from here.


First, let's spread both hands lightly.

It's about waist high.

This will increase the balance range. It's similar to balancing toy.




But you don't have to raise your arms to chest or shoulder level.

If you raise both hands high, you will feel that the balance width has risen even more, but if you raise your arms too much, you will reduce the recovery power when you lose your balance.

It is important to be calm to some extent.


You can lower your hand if you can ride it firmly.

In extreme cases, you can leave your hands in your pocket.

Then you have to move the lower body, so you can improve.


But to some extent, you should first raise your hands so that you can maintain a good balance.

This seasoning is good.


Also, turn your upper body slightly forward.

The hips should be oriented at the binding angle, for example, if you have a forefoot of 15 degrees, it should be about 15 degrees.

By doing this, the range of balance with respect to the traveling direction is increased.




However, if the posture in front of this is too strong, a twisting posture tends to occur.

The twisted posture of the upper body and lower body is good when sliding while keeping the lower posture, but if the upper body suddenly extends, the twisted body will try to return, so the board will slides there.

Therefore, it is recommended that you don't twist your upper body too much and lean towards your stance naturally.


This basic posture can be done in front of the mirror in your house, so please give it a try!


Toe side and heel side postures

Carving requires a load to bite the edge of the board into the snow, as well as edging to angle the edge.

However, unlike skiers, snowboarders ride sideways, so the load and edging methods vary between toe side and heel side.


Toe side is relatively easy to edging.

Because people can't stand on the heels on the spot, but they can stand on their toes.

In the case of toe side, you can do some edging just by lying down.


However, it is unstable if you just lie down, so bend your knees and ankles firmly.

The point is to make it feel like pressing the shin against the snow surface.

By having this image, your knees and ankles will naturally bend, and you will be able to obtain strong loads and strong edging.




The point on the heel side is to pull the toes of your forefoot toward your chest. This will stiffen your ankles and give you strong edging.




A common mistake is to have your hips out.

Be aware that these postures are more likely to occur for those who think they have to make a firm and low posture.

However, in the butt-out position, your weight escapes to the butt side and you cannot put your weight firmly on the board.

The axis is maintained by raising the upper body and not sticking out the buttocks too much.

As a result, you can get more weight and load.


In this position, you use your thigh muscles very much.

Many beginners lack that strength, which can lead to bulging symptoms.

To solve this, it is necessary to improve muscle strength.

Get ready for snowboarding by doing squat exercises on a regular basis.


This toe-side and heel-side position can be achieved by using walls and chairs inside the house.

Please try it!




STEP 2 Let's traverse and get a feeling of carving turn


By traverse, you can get a feel for carving quickly.

In other words, it can be said to be the entrance to the carving turn.

You can learn the edging required for carving turns.


At first, where you take the run-up, riding a little to the valley side to run the board, and then riding across the slope.

(Note: Be sure to check the skiers and snowboarders coming from behind before doing this downhill.)


Let's go traverse and see the traces of your own slip!

Then, if it is sharp, the turn arc will be thin like a pencil line, and if it is sliding, it will be a thick line.


①First, accelerate toward the fall line (valley side)


②Pull up your toes and edging firmly on the heel side


Let's keep sending your eyes in the direction


At the end, aim for the mountain side so as to go up the slope




トゥサイド(つま先側)でもぜひキレ味を感じれるように、斜滑降してみよう!

トゥサイドで気を付ける点は、


1)身体が内傾し斜面側に倒れやすいので、しっかりと上半身を起こすようにすること。

こうした外傾姿勢(=アンギュレーション)が、ターンを安定させる。


2)スネを雪面に押し付けるようにしよう!

こうすることで、しっかりとヒザと足首が曲がり、カービングに必要な角付け(エッジング)ができる。



STEP 3 カービングのキレ味を強化するJターン

さらにレベルアップしたカービングができるようになるには、スピードを上げるようにすること。助走の部分をもっと真っ直ぐに、谷側に進むラインを長く取ると、よりカービング感覚を感じることができます。 先ほどの斜滑降ではエッジング(角付け)がテーマでしたが、今度はエッジングにさらに荷重動作を加える動きになります。 エッジング+荷重=カービングのキレ味を強化するJターン

最終的には、出だしのところでできるだけ直滑降して、まるで「J」の字を描くように滑ってみましょう。これはJターンと呼ばれますが、カービングターンに必要なエッジング、荷重が必要になるので、とても良い練習になります。


(写真)


(徐々によりボードの先落としを行い、スピードを出せるようにしよう。そして、最終的には山側へ駆け上がるぐらいにJの字を描けるようなターン個になれば、カービングターンに必要なキレ味はより一層強化される。)

以下、動画もご紹介するので、ご参考にしてください。 斜滑降から徐々にJターンができるようにしましょう。


(動画)



ドリル①斜滑降からのジャンプでエッジング力とバランス力も強化!

さらにエッジ力をカービングに必要なバランス力を強化するために、斜滑降からのジャンプをやってみましょう!


この練習は、言わば基本姿勢がうまくできているか、エッジングができているか、さらには荷重ができているか、以上の3つの項目のリトマス試験紙。うまくジャンプできない人は、姿勢が悪いか、エッジングがうまくできていないか、考えられます。


カカト側での斜滑降ジャンプ


(写真)


カカト側でジャンプするのは、なかなか難しい。

そもそも人間は、カカト立ちということに慣れていないから。

コツは、背中をなるべくまっすぐ。頭も天に向かって真っすぐ。お尻が出ないように気を付けよう。

最初は小さなジャンプ、もしくは上下動だけでジャンプできなくてもOKだ。

慣れて来たら、徐々に高く飛べるように練習していこう。


つま先側での斜滑降ジャンプ


(写真)


カカト側に比べて、つま先側の方がジャンプしやすいが、つま先側で気を付けるのは頭が下がらないこと。トゥサイドの特徴で頭や上体が山側に倒れがちになるので、しっかりと上半身を起こす意識でやろう。すると、強いエッジング感覚を得れるだろう。


この練習ドリルは、意外に体力を使いますが、 気持ちEカービングターンに必要な筋力効果にもつながります。

ぜひ山へ上がったらトライしてみよう。


練習に集中するあまり、上から滑って来る人に気が付かないかもしれないので、気を付けてください。

斜面を横切る練習なので、混んでいる状況ではできません。


②斜面で停止からのジャンプ練習でさらにキレ味強化!

斜面で止まったところからジャンプ練習するのは、見た目以上になかなか難しいエクササイズ。

特にカカト側でのジャンプは、バランスを取り難く良い練習になります。

ヒールサイドで必要なキレ味の強化にきっと役立つでしょう。


(写真)


つま先側では、カカト側以上に強いエッジングを感じれます。

ジャンプのたびに斜面をちょっと駆け上がれるように練習しましょう。


(写真)


STEP 4 カービングターンの鍵!谷エッジ感覚

谷エッジ感覚をつかむことは、完全なカービングターンをする上で重要です。

そして、その谷エッジを行うために必要なのは、スムースなトランジション(切り替え)になります。


カカトからつま先側へ。またその逆でつま先側からカカト側へ、エッジを切り替える。

そのことをトランジションと言います。


多くの人は、このトランジションがうまくいかなくて、完璧なカービングターンができない状況になります。

言い方を変えれば、トランジションこそカービングターン成功の鍵!


トランジション(エッジの切り替え)時のポイント

まずエッジのトランジション(エッジの切り替え)のポイントですが、ターン弧とターン弧の中心線になります。

カービングターンに慣れていない方は、このタイミングが遅れがちなので、気を付けてください。


考え方としては、まずゲレンデを真上から見て、真っ二つに割り中心線を作ります。

そこのライン上がトランジションのポイントとなります。

以下、イラストのイエローの部分です。


(イラスト)


カービングターン前半に必要な谷エッジ

つま先側でライディングするフロントサイドターン(トゥサイド)後半まではうまくキレて滑っているのに、カカト側に切り替えてバックサイドターンに入ったとたん、ズラしてしまうというパターンはよくあります。


その他にも、エッジングや荷重の弱さなどでうまくカービングができない例もありますが、多くのスノーボーダーたちが壁にぶつかっているのがトランジション(エッジの切り替え)です。


(写真)


トランジションがうまくできない大きな原因は、ボードが進む方向のまま、パタっと切り返せないということがあります。言い換えれば、ターン前半の谷側エッジでのカービングターンがうまくできていないのです。


ターンの前半がどこで、ターン後半がどこなのか?

そこを理解していないと、話が混乱するので、以下にイラストを付けて改めてお伝えしましょう。


(写真)


この青い部分、ターン前半でうまく谷エッジで噛ますことが、完璧なカービングターンで重要なのです!


本来、ボードは進む方向そのままにトゥ(つま先)からヒール(カカト)、ヒールからトゥに切り返せばいいわけです。


谷エッジというのは、ボードのエッジが山側(上)にあるのではなく、谷側(下)にある状態のことです。(以下、写真参照。)


(写真)


「これで転ばないのか?」と思われるかもしれませんが、カービングターンの時には絶対に転びません。

なぜなら、カービングの時は、ボードは進行方向に走っているからです。

慣性の法則で、ボードは進む方向に走っているので、そこで谷エッジしても問題ありません。それどころか、この谷エッジこそ、完全カービングターンを行う重要な鍵なのです。


しかし、初心者時代、ボードがズレていた時は、ボードは谷側の方に流れてしまっています。つまり、斜め横滑りのような状況です。この時に、谷側のエッジが雪面に触ったとたん、急激にパターンと転ぶ。これが、逆エッジという症状です。


以下、図参照。


(イラスト)


黒の矢印の方向はボードが進む方向を示し、また青と赤の矢印は、慣性の法則を示したもの。

左のカービングターンでは、ボードは進行方向(横方向)に走っているので、谷側にエッジを切り返しても大丈夫。

しかし、右のズレているターンでは、下方向にボードが行っているために、谷エッジに乗ったとたんに突然転ぶ。これが逆エッジという症状です。


そう、トランジション後に、谷エッジを作れるかどうか。そこに完全にカービングターンができるかどうか、掛かっていたのです。


そして、慣れてくれば、谷エッジで滑っているターンの前半の方が、ターン後半よりも気持ち良く感じることでしょう。

ジェットコースターで言えば、山に登った後に一気に降り始めるところ。

僕は、このエッジが切り替わった後、谷エッジでカービングしている時が、一番気持ち良く感じます。


ギルランテでカービングターンの鍵の谷エッジ体験

この谷エッジをてっとり早く習得する方法の練習ドリルには、ギルランテ(※ガーラントとも呼ばれる。)というものがあります。

斜面を横切る斜滑降から、切り替え部分でボードをフラット、そこから谷エッジに入ります。そのままターンすると、慣れていないと怖くて難しいので、すぐにまた山側エッジに切り替えるという練習方法です。


(写真)


①山側にエッジングから

②フラットへ

③そのまま進行方向に恐怖(!?)の谷エッジ

④だけど、ターンを仕上げず、フラット

⑤すさかず山エッジ(※このケースではカカト側)へ


こうしてゲレンデを横切るようなジグザクなターン(ギルランテ)で、谷エッジをちょっとだけ体験するという練習をするのです。


以上のようなギルランテを、ヒールサイドからのアプローチと、トゥサイドからのアプローチ、両方で練習します。すると、谷エッジ感覚をつかむことができるでしょう。今まで怖いと思っていた谷エッジ、その恐怖感がだいぶ緩和されることでしょう。


それでも、谷エッジに切り返すのが怖いという方は、まずはボードをフラットにすることをオススメします。

そこからちょっとでも谷側にエッジングできるようにしましょう。


こうして繰り返しターンの前半を意識したカービングを行っていると、カービングターンのクオリティはどんどん良くなっていくことでしょう。

つまり、滑っていて気持ちE(いい)感覚になります。


STEP 5 気持ちE感覚!カービングターン完成


さあ、いよいよ最後のステップ!カービングターン(大回り)にトライします。

これまでご紹介して来た、4項目さえできていれば、きっとカービングターンはすでにあなたのもの。

基本姿勢ができていて、キレ味を理解し、キレ味を強化、さらに谷エッジ感覚をつかめば!いよいよカービングならではの気持ちE感覚をつかめるでしょう。


以下、シークエンス写真と共にアドバイスしていきます。


(写真)


①スピードを恐れず積極的にフォールライン(谷側)へスピードを出し、ヒールサイドからアプローチ。 ②前手でターンをリードするようにボードからこれから進む方向に導く。 ③しっかりと進む方向(※斜面を横切る方向)を見つつ、ボードをフラットに状態に。 ④そこから徐々につま先へ移行し、谷エッジへ。 ⑤トゥサイドでは頭をしっかりと上げて上体げ寝ないように気を付けよう。 ⑥ヒザが雪面にくっつくぐらいの意識で、足首をしっかりと曲げます。 ⑦上体をゆっくりと上げながら抜重、ボードをフラットへ。 ⑧再びヒールサイドに移行し、谷エッジ。カカト側では上半身をまっすぐに。そうすることで、カカトにしっかりと体重が乗りエッジングができます。

ここまでの一連の練習を以下、動画でまとめたので、そちらもご参考ください。


(動画)


カービングのショートターンを実現するドリル『パタパタ」って何?

先に紹介したカービングのロングターン(大回り)は、カービングの基本となります。これができなければ、さらに切り替えのタイミングなどが早まる、ミドルターン、ショートターンには進むことができません。そこで、将来的にカービングのショートターンができる最適なドリル、「パタパタ」をご紹介します。


このパタパタとは文字通り、板をパタパタと早く切り返すテクニックになります。

プレッシャーの掛からない極力フラットに近い緩斜面で行います。


イメージとしては、ヒザがまるで車のハンドルのようにして、カカト→つま先と両足同時にパタパタ切り返します。その時の上半身は、リラックスしてほぼ固定するイメージです。

まるで、下半身という車に上半身は何もせず、乗っかているだけという感じ。ただし、目線は先へ先へフォールライン(谷側)に送り続けます。

ボードのテールは決して振らず、ただボードの行きたい真っすぐのラインに向かって、トゥサイド、ヒールサイドにパタパタと切り替えていきましょう。


トゥサイド→ヒールサイド→トゥサイド・・・の繰り返し。ボードのテールは降らずにひたすら素早くボードをパタパタと切り返します。

パタパタの効能

このパタパタの練習を行うことで、カービングターンに必要な切り替えが素早くなります。先に紹介した谷側エッジへの移行もよりスムースに上手にできるようになるでしょう。

また、切り替えが早くなることで、ショートターンがうまくなります。自然にカービングのミドルターンもできるようになるでしょう。


カービングターンに最適なスノーボード・ギア(板、ブーツ)

ここまでは、どのようにしたらカービングターンができるか説明して来ましたが、ここではカービングターーンの実現をサポートしてくれる板、ブーツ、ビンディングのことなど説明していきます。


カービングに最適なスノーボード(板)

高速でエッジのグリップ力が必要なカービングターンでは、できる限り力強い滑りができる板が理想です。

具体的なシェイプは、よりノーズが長いディレクショナル・シェイプ。フリースタイル的に遊べる上下対称のツインチップでもカービングは楽しめますが、ディレクショナルの方が有利です。


(イラスト)


さらにスノーボードの形状には、大きく3つに分けてキャンバー、フラット、ロッカーがありますが、カービングターンに最適なのはキャンバーです。春のシャバ雪、パウダーのような状況では、ロッカーでもカービングを比較的簡単ですが、キャンバーの方がどんな状況、例えば固いバーンのような日でもカービングを可能にしてくれます。

キャンバーのボードは、言い換えれば頑固なタイプの板で高速には強いのですが、その分、ズラすような逃げる滑りを不得意とします。

フラット形状は、その中間でカービングターンもズラすスライドターンもどちらにも比較的に対応できます。


(写真)


カービングに最適なブーツ

ブーツはパーソナルなアイテムなので、一概には言えない部分もありますが、カービングに最適なのはグリップ力をサポートしてくれる固めのブーツです。極端な話、レース用のアルパインボードには、スキーのようにプラスチックのハードブーツを使いますが、そんな固いブーツはアイスバーンでさえ、カービングターン実現をサポートしてくれます。

逆に柔らかいブーツの場合には、エッジング力が弱くなるのでカービングターンには不向きになります。

あなたのスノーボードのスタイルが、ジャンプやトリックなどのフリースタイルではなく、もっとカービング志向が強いなら、固めのブーツを選ぶといいでしょう。


(写真)


カービングターンに最適な斜面とは?雪コンディションは?

そもそも カービングターンに最適な斜面とは? またどんな積雪状況が良いのでしょうか?


もしかしたら、スピードを出せる急斜面と思っている人がいるかもしれませんが、違います。急斜面でカービングターンをするのには、上級テクニックを必要とします。

かと言って、あまりにもスピードが乗らないフラットなところではカービングターンには向きません。理想的には、スピードが乗るような緩~中級者斜面です。急斜面のようにスピードを抑えるようなところよりも、どんどんスピードを加速させるようなところが良いですね。


そして、雪のコンディションは、グリップがしやすい柔らかめのコンディション。理想的には、朝一番、ピステが掛かった朝一番のバーンがいいです。朝イチのゲレンデは、最高に雪コンディションが良くカービングターンに最適です!遅い時間に、多くの人が滑って雪の表面が削れた斜面だと難しいです。まして、アイスバーンでは、かなりうまいスノーボーダーの方でも、カービングターンは難しくなります。


将来的には、アイスバーン、パウダー、コブのようなところでも、カービングターンができるのが良いですが、まずはカービングターンをしっかりと習得するために、より良い環境を選ぶようにしましょう。


(写真)



28 views

ABOUT ME

I've been snowboarding since 1985 and have been working on snowboard magazines/videos for over 30 years.  Currently, I am a snowboard instructor in Whistler, B.C., teaching lessons to students from all over the world. Hopefully snowboardtips.net will help you learn to love the sport as much as I do!

 

SOCIALS 

SUBSCRIBE 

Sign Up For Our Newsletter 

© 2020 by snowboardtips.net